スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

愛情盛宴



  愛情,是盛宴也是幻滅;赴宴,卻是唯一的救贖。
  故事從作者深夜失眠遇到老友開始,宛如一千零一夜的敘述令人不忍釋卷。一個敘述人換成另一個敘述人的過程像是在不同的角度看一面鏡子,一般的晶瑩剔透也一般的朦朧不清。而其文字之流暢華美,令人錯覺是在閱讀一場艷麗的月夜流火。

  那其實是個平庸的開頭,但隨著頁數的加,卻有了一股仲夏夜的氣氛在字裡行間緩緩醞釀著。那其實也是個通俗的故事(所有愛情故事也許終究也都是通俗的),但卻有著鑽石般璀璨的光輝。

  書中,赴宴的人群是那般從容,那般優雅。宴會看來是那般美好,就連幻滅也都如夢。

  宴罷的結局,雖不盡如人意,但就像碎地的琉璃,朦朦朧朧的,暈出一地看不清的幽影。
15 06-2005 [紙房子]小說 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/9-e37d3265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。