スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

最初物語/宮部美幸

Photobucket

  到目前為止,宮部的小說中,我最喜歡的類型是短篇小說,而短篇小說中又以茂七系列最得我心。這系列很巧妙的融合了懸疑與江戶風情,故事本身並沒有強烈的說教,而是自然的讓人去思考作者想要表達的理念,例如《幻色江戶曆》中的〈單邊蘆葉〉讓人去思索「行善」的兩種方法、〈洗腳宅邸〉的「知足」與「不知足」等。

  《最初物語》對我來說,也是這樣一本小說,而這次的主題則是「面對出乎意料的事態」。本書收錄了〈阿勢兇殺案〉、〈銀魚的眼睛〉、〈千兩鰹魚〉、〈太郎柿次郎柿〉、〈凍月〉、〈遺恨櫻〉、〈系吉的戀情〉等七篇小說。

  我很喜歡〈凍月〉中宮部對下女阿里情感變化的細微描寫。
01 03-2007 [Mystery]日本 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/793-1aa6f2eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。