スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

聶魯達〈早晨 〉

如果你的眼睛不是月亮的顏色,
不是充滿泥土,工作和火的日子的顏色,
如果你不是受監禁時仍能靈活如風,
如果你不是琥珀色的星期,

如果你不是黃色的時刻
當秋天攀爬於藤蔓間;                        如果你不是芬芳的月亮所揉製的                    麵包,麵粉遍灑於天際,

噢,最親愛的人啊,我便無法那麼愛你!
當我擁你入懷,我便擁有了一切--
沙子,時間,雨樹,

萬物生機勃勃,我遂能生機勃勃;
我無須移動即可看到一切;
在你的生命中我看到一切生命。

05 02-2007 [摘]詩:外文 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/780-54de9a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。