スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

晴空之下,突然....

fu6ej5vu84wj6b06wu065j.jpg


  還好這本書不是我自己買的。不然我一定撕書。看到一半就整個是懶得翻。人物不吸引人、情節老套,附帶上稍稍收斂的說教。來夢與耕平系列一樣是大哥哥和小女孩的搭配,情節也比較詭異有趣,相較之下就吸引人許多。

  看田中的非系列單本小說真的要小心。有《晴空》、《亞普》、《KLAN》、《地球儀》這樣的雜碎,也有《風翔萬里》這種還不錯的作品。不過殺人魔如果有空來寫這些雜碎的話,不如快點把《亞爾斯蘭》、《創龍傳》和《鐵達尼亞》完結掉吧。與其看這種東西,我寧願看涼子女王的短篇集啊!
22 07-2006 [紙房子]小說 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/611-4de6a91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。