スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

中世紀哲學趣談

  整理日記時發現的,那時正好在上中世紀哲學,回家便順手把課堂上關永中老師提到的(類似)趣譚一類的東西記了下來。回頭看,仍然覺得中世紀真是個有趣的時代,莫怪關老師在此用力甚深了。




  今天的中世紀哲學真是個好笑的課。上到中世紀初的神秘主義哲學家Plotinus,還談到這位神秘主義者跟「邪惡的魔法術」兩次交鋒的紀錄。其一是有個壞蛋用魔法讓我這位Plotinus的小腸掉下來(Colic,疝氣),但是我們的哲學家隨即發現情況不對,立刻坐了下來,用他的「浩然正氣」←這個不是我說的喔,是老師的用語XD。把邪惡的氣反彈回去,就換成那個魔法師的小腸掉下來囉。

  然後還有他的守護靈不是普通的靈魂,是神之類等等有趣的事。附帶一提,剛剛的那件事,是經由埃及的大司祭親自確認㊣。



以上。
03 05-2006 [紙房子]哲學 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/548-4aa5c448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。