スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

厄運再臨/姆斯‧派特森

2018740467371b.jpg


  蠻典型的現代連續殺人故事。轉換視點的敘事方式對我而言總感覺有些突兀。故事的節奏很快(還是碰到的這個兇手特別快?),以系列故事來說,對主角群的介紹似乎有點太少。我沒有看第一集,直接從第二集開始看,不過對她們裡面有幾個人幾個白人還是有點霧煞煞,外表也是,主角群的外表似乎只能靠自己的想像。

  「女子謀殺俱樂部」的構想挺不錯。不過總覺得可以再慾望城市化一點。很難想像--雖然這並不是完全不可能--一群女生聚在一起的聚會中,不會稍稍偏向到感覺、八卦、化妝品、歧視甚至於黃色笑話之類的話題。
06 01-2006 [Mystery]歐美 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/429-a1b5ba61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。