スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

沙門空海/夢枕貘

2018610372569b.jpg  2018610374853b.jpg  2018610375225b.jpg  2018610377069b.jpg  2018610378431b.jpg  2018610379933b.jpg
  一口氣看了第二集到第七集,「事件」本身的輪廓也越來越清楚了。這個故事的假說蠻有意思的,唐明皇與楊貴妃的故事概要,配上穿梭其中的歷史人物,很有似真似幻的感覺。不過缺點跟陰陽師有點像,就是一些句子重複太多次,所以雖然有很精采的段落(像是講波羅密心經的),卻難免讓人覺得有點拖戲的嫌疑。(雖然說這樣是可以營造一種玄妙的氛圍啦....不過橘逸勢有些時候真像呆頭鳥)。

  似乎第八集就是結局了,有點好奇會怎麼收尾呢。話說回來,夢枕貘描寫中唐的樣貌還蠻讓人心生嚮往的。若是有時空旅行,最想去的朝代,除了商周外大概就是盛唐了吧....我也想見識一下「即將落地的繁華果實」啊。
25 12-2005 [紙房子]小說 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/410-269f32be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。