スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

針的誘惑/土屋隆夫˙未讀勿看

2018610376277b.jpg


  蠻同意小官說的,還真搞不懂為什麼要叫針的誘惑。
  延續著「血的組曲」之主題,在我看來,有點「血的組曲﹞續集的意味在。這是否解答了「血」中的主角,只要發現妻子的不忠,無論疼愛的孩子是否存在,都會親手毀滅整個家庭,更甚者,若是毀滅他人對自己有好處,那又何需遲疑?縱然下手的對象是個小嬰孩,是弟弟與妻子的結晶。

  另一個(隱藏式)的焦點在於亂倫的變奏,書中嫂子與小叔的不倫戀,讓人想到「博士熱愛的算式﹞裡,老夫人與叔子的戀情。光就這點看來,精神式的戀愛比肉體式的戀愛要讓觀者覺得舒爽許多、乾淨許多。

  到了終點,我仍不解為何題名為針的誘惑。
08 10-2005 [Mystery]日本 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/294-832bfcb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。