スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- ----- スポンサー広告

仙人掌旅館/江國香織




  不否認剛開始會翻它,是出於書名和作者。

  作者是江國香織,我蠻喜歡的一位日本女作家。
  這本書,封面上寫著是淡淡的成人童話。實際上也差不多,是本輕食派的小說,適合在午後慵懶的陽光下閱讀。

  雖然我是站著看的,但那奇妙的氛圍仍然透過了誠品人工的格局,滲入了我的身體之中。可以說是一點溫暖,再加上一些疏離。

  友誼總是讓人感動的,別離亦然。江國以簡單的筆觸勾畫出三個擁有相異特質的鄰居,住在一棟古怪的令人打從心底喜歡的房子,從陌生到熟悉到分離的故事,以童話的筆觸,果然讓人覺得相當的美好。

  我喜歡關於數字二和帽子的描述,小黃瓜脆脆的也很不。

  今天不知道為什麼腦袋裡一直一直浮現這本書的場景。為了傾倒,故志之。
16 06-2005 [紙房子]小說 Trackback:0Comment:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://lunaj.blog13.fc2.com/tb.php/28-94dac197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。